2006年12月30日

コスモバルク、来年も海外遠征へ

コスモバルクが北海道のビッグレッドファーム明和に到着した。
来年も日経賞から始動し、海外遠征も視野に入っている。
シンガポール航空国際C連覇の期待もかかっている。
posted by 万馬券 at 18:21| Comment(21) | TrackBack(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

東京大賞典

ブルーコンコルド後方追走から一気に差し切り、4馬身差の圧勝。
ブルーコンコルドは南部杯・JBCマイルに続き、秋の古馬交流GIを3連勝。

アジュディミツオーは5着で東京大賞典3連覇ならず。
シーキングザダイヤは3着で10度目のGI2着ならず。
posted by 万馬券 at 18:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

オースミダイドウ、栗東で調整

朝日杯FS3着後に左トウ骨遠位端骨折と診断され、手術に成功したオースミダイドウは放牧せず、栗東で調整することになった。
皐月賞は厳しいが、ダービーには間に合う見込み。
posted by 万馬券 at 17:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

サンデーサイレンス、12年連続でリーディングサイアーに

サンデーサイレンスが12年連続でリーディングサイアーを獲得し、82年から92年までノーザンテーストが記録した11年を破り、史上最多となった。
また、サンデーサイレンスは母の父でもリーディングを獲得した。
posted by 万馬券 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

ディープインパクト、社台スタリオンステーションに到着

有馬記念に勝利し、引退式を終えたディープインパクトは中山競馬場を出発し、北海道の社台スタリオンステーションに到着した。
来春から種牡馬として活動し、産駒は2010年にデビュー予定。
posted by 万馬券 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

ソングオブウインド、屈腱炎を発症

香港ヴァーズに出走、4着のソングオブウインドがエコー検査の結果、右前屈腱炎を発症していることが判明した。
全治は不明で、今後は北海道で休養する予定。
posted by 万馬券 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

有馬記念

ディープインパクトが後方待機から第3コーナーから徐々に進出し、直線で後続を突き放し3馬身差の圧勝。
ディープインパクトはGI7勝目で、引退レースを勝利で飾った。
武豊騎手は16年ぶり、池江泰郎調教師は19年ぶりで有馬記念2勝目。
posted by 万馬券 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

今日の重賞

ラジオNIKKEI杯2歳Sはフサイチホウオーが中団待機から直線で一気に差し切った。
勝ち時計は2分02秒1。フサイチホウオーは東京スポーツ杯2歳Sに続き重賞2連勝。

中山大障害はマルカラスカルが終始先頭をキープ、直線でさらに突き放し、6馬身差の圧勝。
マルカラスカルは重賞初勝利。
posted by 万馬券 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

藤田騎手が飲食店で暴行、騎乗停止処分に

滋賀県栗東市の飲食店で藤田伸二騎手が同店の従業員に暴力行為に及んだ。従業員にけがはなく、滋賀県警草津署は暴行容疑で藤田騎手を書類送検する方針。
藤田騎手は、裁定委員会の処分があるまで騎乗停止となる。
posted by 万馬券 at 18:11| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。