2006年11月13日

ジャパンカップの出走頭数が史上最少に

ジャパンカップの選出馬、コスモノートの辞退が発表され、外国馬ウィジャボードとフリードニアの2頭のみとなった。
ホッカイドウ競馬所属のコスモバルクとJRA所属馬9頭を加えた12頭立てとなるが、ジャパンカップ史上最小となる。

ジャパンカップダートでは、外国馬が全部出走を回避してしまい、創設7回目にして初の外国馬なしとなる。
posted by 万馬券 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ディープインパクトはジャパンカップを制する?【2択】
Excerpt:  凱旋門賞で3着に敗れたディープインパクトがジャパンカップに挑む。  ジャパンカップは11月26日東京競馬場芝2400メートルで開催される。  昨年初の敗北を喫した有馬記念の勝ち馬ハーツクライにリ..
Weblog: tom5412@eBet
Tracked: 2006-11-13 22:05

ジャパンカップを制するのは?
Excerpt:  11月26日東京競馬場でジャパンカップが開催される。ジャパンカップは芝2400メートルで行われ、海外勢も参戦する国際競争である。  日本からはディープインパクト、ハーツクライが参戦を表明しており、..
Weblog: tom5412@eBet
Tracked: 2006-11-13 22:05
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。