2006年12月24日

有馬記念

ディープインパクトが後方待機から第3コーナーから徐々に進出し、直線で後続を突き放し3馬身差の圧勝。
ディープインパクトはGI7勝目で、引退レースを勝利で飾った。
武豊騎手は16年ぶり、池江泰郎調教師は19年ぶりで有馬記念2勝目。
posted by 万馬券 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

今週の◎は
Excerpt: 【3連単で100万馬券:競馬ブログランキング参加中】 ←クリックお願いします。 昨日も今日も武豊騎手−安藤勝騎手−O.ペリエでしたね。 3歳馬を消した理由はバッチリだったと思うんですが、相手選..
Weblog: 3連単で100万馬券(競馬予想ブログ)
Tracked: 2006-12-24 21:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。